京都の観光スポット

洛南エリア~ 京都の観光情報

洛南エリアは、大雑把に言うと、主要な観光地が逆L字型に点在しています。JR・地下鉄・京阪電車・近鉄電車などの電車が充実。宇治エリアは、京都市内から少し離れていますが、電車(京都駅⇒宇治駅)や京滋バイパスを使えばアクセスしやすいです。洛南エリア内には、宇治上神社・醍醐寺・東寺・平等院の4箇所が世界遺産に登録されています。

東寺 とうじ

京都駅南側にあり徒歩でいける観光スポット。正式名称は教王護国寺といい、平安遷都の際に洛への入り口であった羅城門の東西に建てられたお寺で、対にあたる西寺は立地の悪さから災害に見舞われ今は跡地として残っている。毎月21日には弘法さんと呼ばれる弘法市が行われ、出店や骨董品が並びます。

最寄り駅 市バス「東寺東門前」下車すぐ
近鉄京都線「東寺駅」下車徒歩10分)
情報サイト http://www.toji.or.jp/

伏見稲荷神社 ふしみいなりたいしゃ

もっとも身近な神社『おいなりさん』の全国30,000社あると言われている総本宮が伏見稲荷大社。稲荷山の麓に本殿はありますが、稲荷山全体が神域となっています。幻想的な朱色の千本鳥居を潜りながら山全体を参拝出来、山全体には一万基の鳥居がある。最寄り駅の京阪伏見稲荷駅からの参道にはすずめ・うずらの丸焼きなど観光も楽しめる。

最寄り駅 JR 稲荷駅下車すぐ
市バス 稲荷大社前下車 徒歩約7分
京阪電車 伏見稲荷駅下車 徒歩約5分
情報サイト http://inari.jp/

平等院鳳凰堂 びょうどういんほうおうどう

平安時代初期から貴族の別荘地であった宇治に「光源氏」のモデルとなった左大臣嵯峨源氏が立てた別荘。その後藤原氏に渡り、宇治殿が出来たのが平等院鳳凰堂のはじまり。どのこ宗派にも属さない単立仏教寺院となっている。10円硬貨の表面に描かれている平等院や一万円札裏面の鳳凰像など、訪れた事がない人でも日本人にとって馴染み深い文化財。

最寄り駅 JR奈良線宇治駅 徒歩10分
京阪電鉄宇治線京阪宇治駅 徒歩10分
情報サイト http://www.byodoin.or.jp/

東福寺 とうふくじ

日本最古にして最大級の伽藍(僧侶が集まり修行する場所)であり、今なお25の塔頭がを有する大寺院。本堂と普門院、開山堂を結ぶ「通天橋」には「通天紅葉」と呼ばれる数十本の楓が有名で秋になると多くの観光客で賑わうが、周辺には比較的のんびりと観光できる穴場もある。

最寄り駅 JR・京阪電車 東福寺下車 徒歩約10分
市バス 東福寺下車 徒歩約10分
情報サイト http://www.tofukuji.jp/

寺田屋 てらだや

伏見にあった船宿で、幕末、新撰組と対立していた薩摩藩尊皇派の多くの藩士が滞在し二度の事件が起きている。坂本竜馬も伏見奉行に襲われたが恋人だったお龍に助けられ難を逃れる。鳥羽伏見の戦いで消失したが、現在は再建されている。

最寄り駅 京阪電車 中書島下車徒歩約5分
市バス 京橋下車徒歩約2分
タクシー 京都駅より約15分
情報サイト http://kazenotabi-kyoto.com/

京都の観光おすすめスポット

京都の超人気スポットご紹介 おいでやす
京都観光マップ